FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある性転者の告白 第21章-1

 私は肉体的にも精神的にも疲れ切った中で深い眠りに落ちていきました。そんなボロボロになった私に癒しを与えてくれる唯一の存在は田中聡だけでした。
 その夜、田中はみんなが寝静まった頃、静かに私の部屋の鍵を開け、中に入ってくると、何も言わずに抱きしめてくれたのです。
「辛かったろう。よく辛抱したね。いいか、いつか、俺が助けてやる。信じて待ってるんだ。」
 私はその言葉に心が震え、涙が一層溢れてきました。その涙はそれまでの屈辱の涙でなく、感動の涙であることは自分でもはっきりとわかりました。
 私は細い腕を田中の背中に回し、すがりつくように抱きしめたのです。
「うん、奈緒美、愛してるから・・・聡さんのこと愛してるから・・・」
 田中はそんな私のあごをそっと持ち上げると、優しく唇を近づけてきました。
 私は全身が溶け出しそうな恍惚感の中で、田中との長い長い口づけを交わしたのです。
いつかは、ここを抜け出して、この人、聡さんと暮らすことができるんだという思いが私を最後の絶望から救ってくれたのです。
 しかし、それを妨げるかもしれない恐怖の可能性は未だに消えてはいません。それは、村井から受けた陵辱による妊娠の恐怖です。田中はそんなことはかまわないと言ってくれていますが、実際にそんなことになれば、どういうことになるかは不安で仕方ありませんでした。とにかく妊娠という最悪の事態が自分の身に降りかかっていないことを願うしかなかったのです。

 そんな妊娠への不安を払拭できないまま、その後も、私は、彼らの企みによって様々な恥辱的で屈辱的な性的体験を経験させられることになったのです。幸い、見ず知らずの男たちとの間には本当の性交渉はありませんでした。それを村井が嫌がったということが理由でした。もちろん、それが私のことを気遣ってのことではないことは知っていました。万が一、その時点で私が妊娠してしまったら、私に新たな妊娠の恐怖を味あわせながらの陵辱というサディスティックな嗜好を満たすことができなくなるというのが本音でした。
 村井は私のバージンを奪ったときの行為により、私が妊娠している可能性がほとんどないことは知っていました。その日が不完全にせよ、私に初めて訪れた生理の日だったことが理由です。村井は、涼子や結花から、生理の日の性交渉よって妊娠する可能性はほとんどないことを知らされていたからです。
 私にとって結果としては、新たな妊娠の可能性だけは打ち消すことができたのです。
 
 そんな過酷な試練が続く中でも、私は彼らの要求を絶対に拒否したりはしませんでした。それは毎晩田中と交わす熱い口づけと愛の言葉が支えになっていたからです。愛する田中といつかは結ばれるという思いが、私を素直で従順な女に変えていったのです。
 毎晩部屋に戻り、泣いている私に田中は熱い愛の言葉を囁きながら、きつく抱きしめ、口づけをしてくれました。私は、その田中の愛に満ちた口づけを受けながら、彼の指で身体を愛撫されると、心の底から結ばれたい、女として受け入れたいという気持ちにもなりました。しかし、それでもやはり村井の子を妊娠しているかもしれないという不安がその一線を踏み出すことを躊躇わせていたのです。それはレイプなどの虐待を受けた女性がそれ以来トラウマになり、男性との間の性行為を受け入れることができなくなることに似ているのかもしれません。いえ、それだけでなく、その時の私の心の中の最も大きな部分は、やはり妊娠という現実に対する恐怖心でした。男の身でありながら、別の男の子供を身ごもるということは、どうしても耐えられない絶望感をもたらすものだったのです。
 私はいつしか自らを完全に女に変えられたことを認識しなければならないであろう屈辱的な現象、つまり、「生理」を心から待ち望むようになっていたのです。


スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サテンドール

Author:サテンドール
=============================================
女性化小説なら国内・海外を問わず大好きです。

特に屈辱系・羞恥系・強制系・寝取られ系・立場逆転系・年齢退行系・SISSY系などなど・・・。

happy よりは、unhappy ending が好み。
(ちょっと、性格がゆがんでるのかも^^)

私事ですが、以前某サイトに 
「高野奈緒美」のペンネームで
『ある性転者の告白』という拙い小説を掲載させて頂いておりました。事情があって途中で掲載を止めましたが、その完結編も当ブログでご紹介できればと思っています。

それとランキングにも参加させていただきますので、
ポチッとクリックいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。