FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お世話になったTS小説たち(国内)

たまには、日本語の小説についてもお話しようということで、今日はその第一回です。
とは言ってもサテンの場合、最近は小説といえば海外物ばっかりで、ちょっと国内物にはご無沙汰です。ですので、情報が少し古くなるような心配があるのですが、少しでも情報としてお役に立てればと思っています。

で、記念すべき(?)第一回ということで、サテンの思い出の「お世話になったTS小説たち」をご紹介します。今でもどこかのサイトで読めるもの、古書店でしか手に入らないもの、かなり入手困難なものといろいろだと思いますけど、サテンの思い出話としてお読みください。

思い出してみると、サテンが最初にTS系小説に出会ったのは、「くぃーん」という女装情報誌でした。もしかしたら年齢がばれるかも^^ですが、もう廃刊寸前の頃ですので、あしからず^^ 
で、その中にあの有名な前橋梨乃さんが小説を連載されてました。まだネットもあまり盛んでない頃ですから、いわゆる「女装小説」(当時はそういうジャンル分けだったような気がします)もほとんど読むことなどできないころでしたから、その内容と文章の巧みさには萌えまくりでした。もし読まれた経験がなければ、一度読んでみてはいかがでしょうか?ちなみに前橋さんのサイトでは今も読むことができますが、エンディングを読むには有料となりますので、ご確認ください。ただ、有料でもその文章力・描写力はさすがです。一読の価値は十分にあると思います。念のため、サテン的お勧めは「テロル・イン・パープル」「セイント・スイート・ホーム」「アンダー・ザ・ウイーピング・ウィロー」の3作品です。小説の大半は無料で読めますので、そこで気に入ればエンディングまでご購入されたらいいと思います。そうそう、前橋さんはそこで何作品か、海外小説の翻訳もされてますので興味があればよんでみたらいかがでしょうか。ただ、ここまで言っておいて、ちょっと一言だけ加えると、前橋さんの小説、とっても素敵なんですけど、エンディングがハッピーです。そこが心のねじ曲がった^^サテンにはちょっと物足りないっていうか・・・ それに翻訳されている小説もほとんどがハッピーエンディングのものばかりで、きっと前橋さん、心が素直な方なんだな~と変な感心しちゃってます。

で、次は実際の書籍として出版されたものですので、ご存じの方も多いとは思いますが、氷室洸さんの「童貞病棟 女医の麻酔針」と「女医童貞手術室」の2作品です。いずれも二見書房のマドンナ文庫のとして出版されてましたが、もちろんすでに絶版ですので中古かオークションでないと入手は不可能だと思います。お話の内容は、いずれもその気のない童貞少年を少しずつ女装させ、さいごには性転換手術までしちゃう、とてもbitchyな女医さんの話です。ご興味があればがんばって探してみてください。

で、最後に日本版work place situationの小説でとても印象深かったお話を。
以前「ぱんじょ」という小説がネット上にあったのですが、ご存じの方いらっしゃいますか?総合職エリートサラリーマンの主人公が会社の人事異動で「ぱんじょ」(「一般職の女性職員」の略みたいでしたけど)にされて、女装させられるや、後輩ぱんじょにいじめられるや、もういろいろされちゃうって話だったんですけど、このお話まだどこかで読めるんでしょうかね?当時は結構、「萌え」た気がするんですけどね~

では、思い出話はこのくらいにして、次回のご紹介は今も普通に読めるはずのお話たちをご紹介させてもらう予定です。
 
では。


スポンサーサイト
[PR]

コメント

§

国内小説の紹介ありがとうございます!

今後も良い作品があれば是非紹介していって下さい(^^)

ちなみに ぱんじょ という作品は見つけました!
一応URLのっけておきます
http://hjfan.jpn.com/panjyo1.htm

§

>ぱる様

あら~、まだ「ぱんじょ」読めるんですね~
URLまで教えていただいて、感謝感謝です~
久しぶりに読んで懐かしいやら、うれしいやら。
本当にありがとうございました。
こちらもまたいい作品気づいたらご紹介しますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サテンドール

Author:サテンドール
=============================================
女性化小説なら国内・海外を問わず大好きです。

特に屈辱系・羞恥系・強制系・寝取られ系・立場逆転系・年齢退行系・SISSY系などなど・・・。

happy よりは、unhappy ending が好み。
(ちょっと、性格がゆがんでるのかも^^)

私事ですが、以前某サイトに 
「高野奈緒美」のペンネームで
『ある性転者の告白』という拙い小説を掲載させて頂いておりました。事情があって途中で掲載を止めましたが、その完結編も当ブログでご紹介できればと思っています。

それとランキングにも参加させていただきますので、
ポチッとクリックいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。