FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入り作家さんのご紹介

久しぶりに、海外小説お気に入り作家さんをご紹介します。
ご紹介するに当たり、もう一度読み直してみましたが、やっぱりいいな~と再認識しました。

Sascha Davison さんという方で、作品はすべてfictinmaniaのこちらにあります。
(何か、Fictionmania、ちょっと前にメンテナンスをしたのか、直接リンクがやりにくくなったみたいです。お手数ですが、この検索から著者名に入ってみてください。)

ご紹介する作品は4つ
①Stupid
②Out of the Way
③Maid Management
④Contract negotiations
です。

サーシャさんの作品の特徴は、主人公の男性はいずれも女装趣味(cross-dress)の趣味のある男性で、その主人公を妻や恋人さらに、別の男性の手により、cross-dressを超えた、女性化の道に引き込まれていくという点にあります。ノンケの男性が女性化していくという話ではないので、その点では好みのわかれる所かもしれませんが、寝取られ要素も入り込み、しかもそれぞれの展開が斬新でサテン的にはかなりの萌え度です。
特に②のOut of the Way は、描写といい、展開といい、最初から最後まで萌えがキープし続けられる数少ない作品です。
どの作品もちょっと長めかもしれませんが、読み始めると途中で投げ出せなくなるくらいの作品です。
2006年以降書かれていませんので、たぶん復活はなさそうですが、是非とも復活して欲しい作家さんの一人です。
では、ちょっとあらすじですが、

①Stupid

主な登場人物は 主人公の男性とルームシェアしている女性二人と男性一人、主人公の今カノ、そして悪徳(?)弁護士の5人です。男性は以前からルームシェアしている女性の内の一人(実は元カノでもあるのですが)の服を着て女装するのが趣味だったのですが、そのことが、彼女たちに発覚します。で、そのことを今カノや、他の知り合いに知らせるぞということをネタに脅し、自分たちのいいなりにさせます。とまあ、ここまではよくある話の展開なんですが、この部屋、実は彼女たちの名義で借りていて、元々は4人で借り始めた物なのですが、一人が抜けて一人ずつの家賃負担がきつくなっている折りに、この彼の女装趣味が発覚してしまったわけです。そこで彼女たちはいいなりになった彼を使って、何とか家賃負担を軽くしようとしてとんでもない案を考えつきます。(この辺が、斬新なんですよね~~^^)それは、Sissy付きの部屋として新たに借り手を見つけることでした。そこにある弁護士が登場して・・・・・・というようなお話です。
このお話の中で、サテン的に最も萌えポイントは、今カノとの再会シーンとその彼女が寝取られるシーン、そして、ラストのシーンです。ネタバレになりますので、詳しくはいいませんが萌え度間違いなくAです。

②Out of the Way は、ちょっと後にして

③Maid Management を先に。

登場人物は主人公の男性、その妻、そして謎の男性(かなりヤバげな男、教育係的な役割)
主人公はcross-dressの趣味だけでなく、メイドとして、ユニフォームを着たり、その仕事をしたりするのが好きです。で、それを妻も受け入れています。ただ、男性はあくまでメイドとしての本格的に仕事などする気はなく、自分の性的な趣味のために「ふり」をしているに過ぎません。だから、それ以上の状況に発展することなど望んではいないのですが(こういう状況はサーシャさんの小説の設定として多く見受けられます)、妻は内心別のことを考えています。それは、ある別の男性を教育係に雇い、夫を調教させ、真のメイドとしてしまおうというものです。教育係の男性に厳しい調教を受けながらも、主人公の彼は、妻が最後には助けてくれると信じているのですが、それもむなしく裏切られる形で終わります。
途中のエロチックな場面もさることながら、妻の助けを求めて、メイド服のまま妻の書斎に行くシーンは間違いなくサテン的萌え度Aです。
これもネタバレしない程度に言っておくと、教育係のあまりにひどい扱いを妻に告げ口する男性に、妻は「それは何とかしなくてはいけない」と言ってくれます。男はこれでとんでもない仕打ちも終わると思ってホッとするんですが、妻の言葉は男の真意とは違っていました。「何とかしなければいけない」は、教育係の男に対する気持ちだったのです。夫を真のメイドとするために「なんとかしなくていけない」だったのです。そしてその後は・・・・という話です。


サーシャさんの作品に共通しているのは、主人公の女性化を進めるのは女性の場合も男性の場合もあるのですが、性的行為の対象は男性になっています。そういう意味では、強制女性化+強制同性愛っていうジャンルかもしれません。女性主人公はそんな彼の変わり方に興奮して自ら慰めるという展開が多いようです。

描写と展開の巧みさ。それがサーシャさんの特徴でもあります。
ただ、日本人として読む場合にちょっとやっかいな点もあります。それは、基本動詞の多用です。
たとえば、have,get,take,give などの動詞で表されるセリフが多いんです。
実は英語を読む上で、やっかいなのはこういう基本動詞なんですよね~。
難しい動詞は辞書を見れば一発なんですけど、こういう動詞はどの意味で使ってるのか、わからないことがある。その結果、もしかしたらかなりの萌え表現になっているのかもしれませんが、読みとれなかったりします。
う~ん、英語力のなさをつくづく痛感してしまうな~。
まあ、その点を除いても十分読む価値のある作家さんであることは確かなんですけど。

だいぶ長くなってしまいました。
というわけで、残り2作品については、後日に譲ります。
とりあえず、ご興味がありましたら、上に挙げた2作品だけでも読んでみてください。
サテン的萌え度が一致している方にはどストライクだと思いますので。

では今日はこの辺で。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

§

連休中にすみからすみまでブログ中を堪能させてもらいました。完結された「ある性転者の告白」ももちろんよかったですし(恋焦がれていた甲斐がありました)、英語が不自由な身にとって、海外作品のダイジェストはとてもうれしいです。

このブログにたどり着くまで、私も海外のサイトでsissyやfeminizationを探し回りましたが、語学の問題があり、画像で興奮できるcaptionものばかり集めていました。中でもお気に入りは、もしかするとご存知だと思いますが「johannesdisilencio」氏がimagefap.comで展開していた一連のsissyものです。テキストが画像内にあるので翻訳ソフトが使えず雰囲気を味わうだけでしたが、高野さんによって植え付けられた性癖が癒される気がしていました。数ヶ月前に削除されてしまって、どうして全部コピーしなかったか後悔しきりですが・・・。

長々とすいません。どうしても憧れの方に報告したかったんです。
これからも応援しています。
  1ファンより。

§ address

http://www.fictionmania.tv/searchdisplay/authordisplay.html?word=2419

上記アドレスで直接 Sascha Davison さんの作品を直接閲覧できますよ。

Fiction_Mania での屈辱系で好きな作品は、Kate さんの Sissy Therapy や Angela J. さんの Pussy for Pussy などですね。

§ Re: Re: タイトルなし

> >NTR夫 様
> ご丁寧なコメントありがとうございます。
> お褒めの言葉いただいて恐縮です。
> 正直言って、「ある性転者の告白」は、今自分で読み直すと冗長過ぎてとてもいいできとは言えないと思いますが、それでも自分なりに原点のようなものなので、お褒めの言葉をいただきうれしく思います。
> ところで、
>
> > 「johannesdisilencio」氏がimagefap.comで展開していた一連のsissyものです。
>
>  というのは、もしかしたら、"Sissy Slut Training Rules"のことでしょうか?
>  もしそうであるなら、
> http://be-shemale69.blogspot.jp/2013/03/sissy-slut-training-rules-1-9.html
>
> で、見ることはできますよ。ルール10以降もアップしてあるみたいです。
> ご参考までに。

§ Re: address

>yasu様

情報ありがとうございました。
直接閲覧のアドレスが、どういうわけか、昨日は開きませんでした。
たぶん、こちらのPCのせいだったのですね、きっと。
今日は何とか開きました。

> Fiction_Mania での屈辱系で好きな作品は、Kate さんの Sissy Therapy や Angela J. さんの Pussy for Pussy などですね。

Kateさんの作品はサテンも大好きです。実は近々紹介させてもらおうと思っていました。
Sissy Therapy ももちろん良いのですが、サテン的一押しは Priscilla's Perils です。
Angela J.さんの作品はかなり読んでいますが、Pussy for Pussy は未読です。今度読んでみますね。
ご紹介ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サテンドール

Author:サテンドール
=============================================
女性化小説なら国内・海外を問わず大好きです。

特に屈辱系・羞恥系・強制系・寝取られ系・立場逆転系・年齢退行系・SISSY系などなど・・・。

happy よりは、unhappy ending が好み。
(ちょっと、性格がゆがんでるのかも^^)

私事ですが、以前某サイトに 
「高野奈緒美」のペンネームで
『ある性転者の告白』という拙い小説を掲載させて頂いておりました。事情があって途中で掲載を止めましたが、その完結編も当ブログでご紹介できればと思っています。

それとランキングにも参加させていただきますので、
ポチッとクリックいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。