FC2ブログ

サテン的海外小説を読む際の必需品

海外小説のお勧めなんて話をしていると、
サテンは、きっと相当な英語力を持っているんだろうという、とんでもない誤解が生まれているかも
しれないので、今回はその辺のお話を。

サテンの英語力は、う~ん、可もなく不可もなく、どうということもないレベルです。
大学も別に英語専門だったわけでもないし・・・。

じゃ、どうやって読んでいるのかってことですが、これには必需品があります
って、たいしたものじゃありませんけど。

①まずは、翻訳ソフト・・・っても、わざわざ購入する必要はないと思います。
 ちなみに、サテンはグーグルの物を使っていますが、十分です。
②電子辞書(主に単語を引くので、電子辞書の方が便利です。)

で、最後にこれこそってやつを一つ。
それは、Urban Dictionary っていう海外サイトです。
ここは、俗語や新しい表現、それに単語に隠された侮蔑的・差別的な意味(屈辱系では必須ですから)
などを調べるのに最適なんです。もうここで単語調べてる段階で萌え~なんてこともしばしば^^

サテンは、この3つで海外小説読んでます。
ちなみに、翻訳ソフトですけど、全文訳とかはしない方がいいと思います。
なんせ、作家さんも基本的にアマチュアですから、スペルミス・文法ミスなどがある(これ、案外多いです)し、
ビジネス文書ではないので、きれいな全文訳は不可能です。
不自然な日本語読んでると、途中で「萌え~」が、「冷え~」になることもありますから・・・。
ですから、サテン的には、単語・熟語を即座に調べる時だけに使います。

そうそう、これも大事なことなんですが、小説の翻訳をするわけではないので、
あまり細かいことには、こだわらずに筋を取っていくことが重要です。
で、自分好みの「萌えポイント」に来たら、じっくり丁寧に・・・というのがサテン的読み方のすすめです。
慣れてくると、どのへんに「萌えポイント」が来るか、勘も働くようになってきますよ。





 
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サテンドール

Author:サテンドール
=============================================
女性化小説なら国内・海外を問わず大好きです。

特に屈辱系・羞恥系・強制系・寝取られ系・立場逆転系・年齢退行系・SISSY系などなど・・・。

happy よりは、unhappy ending が好み。
(ちょっと、性格がゆがんでるのかも^^)

私事ですが、以前某サイトに 
「高野奈緒美」のペンネームで
『ある性転者の告白』という拙い小説を掲載させて頂いておりました。事情があって途中で掲載を止めましたが、その完結編も当ブログでご紹介できればと思っています。

それとランキングにも参加させていただきますので、
ポチッとクリックいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR