FC2ブログ

ジャンル別お気に入り小説 ~寝取られ系~

作家さん別のお気に入り紹介はちょっとおいておいて、
しばらくは、ジャンル別のお気に入り小説をご紹介しちゃいます

ということで、今回は、いわゆる「寝取られ系」作品です。
ちなみに「寝取られ」は、英語では Cuckold です。
文字通り、妻・婚約者・彼女などを他の男性(時には女性の時も有り)に寝取られちゃうって話ですけど、
これは、TS・TG系以外でも結構人気のあるジャンルみたいで、海外でも日本でもたくさんのサイトがあります。
ただ、サテン的には屈辱系女性化と寝取られが合体しないと萌えないので、そうなると日本では限られちゃうっていう感じでしょうか。
ご紹介した海外サイトの中には、かなりの数の cuckold 系の作品があります。

で、その話の多くは、ある代表的なパターンがあって、

「主人公が何らかの秘密を妻に隠し持っている。たとえば、女装趣味とか、それ系の本・PCサイトを見るのが好きだったり、浮気をしているとか・・・」
       ↓
「秘密が妻に露見し、軽蔑され、別れを切り出される」
       ↓
「主人公は何でもするから別れないでほしいと懇願」
       ↓
「相手の弱みを握った妻は、それならばと、主人公を女性化し、多くの場合、自分は他の男性を求める」
       ↓
「主人公は、多くの場合メイド扱いされ、妻とその愛人のために家事をこなし、性的にも奉仕させられる」
       ↓
「女性として生きることが余儀なくされ、その後は・・・ハッピーエンドか、ダークエンド・・・」
  
 っていう感じです。

このバターンの話、本当にたくさんあります。
fictionmaniaなどで、maid,cuckoldなどの語を頼りに検索してみると、すぐにヒットします。

で、サテン的にもこういう系の話、嫌いじゃないので最初の内は、結構探して読んでました。
まあ、パターンが決まっていて読みやすいってこともあるんですけど・・・。
でも、さすがに飽きます。って言うか、どの話だったかわからなくなるほど似ていますので、ここで紹介しようにも、記憶がおぼつかない。まあ、記憶に残らないってことはその程度なのかな~ってことで、今回はスルー。

そんなわけで紹介させて頂くのは、cuckold 系でも、その代表的なバターンとは少し外れた(でも本筋は、ずれてませんよ)もので、サテン的にはその屈辱感がたまらなかった作品です。
(そういえば、前に紹介させていただいたLeighさんの作品もパターン違いのcuckold系です。)

 Sissie Maid Cuckold さんという作家さんの作品です。
 ペンネームがもうそのものズバリの方なんで、わかりやすいんです(ちなみに、sissieは、スペルミスではありません。念のため。)が、cuckold系にこだわった作品を書かれています。ちなみに氏の作品はこちら
中でも、サテン的には 

①The Refresher Course
②The Refresher Course - Part II
③Patrick Looses His Manhood
④Patricia Learns to Serve
⑤It's Friday for Patricia

をお勧めします。ちなみに、①と②はシリーズ、③~⑤もシリーズです。
他の作品も一通り読みましたが、サテン的萌え作品はこの二つのシリーズです。
Sissieさんの作品に特徴は、セリフのやり取りの巧みさです。妻を寝取られ、女性化していく主人公が無理矢理言わされる屈辱的なセリフは、サテン的に萌え~の連続です。
特に③~⑤のシリーズの中で2回ほど出てくるのですが、調教師的な女性のディルドウでア○ルを犯される場面があります。その際、その女性が妻を寝取った黒人男性になりきり、主人公がその妻になりきってセリフを言わされます。主人公は妻を演じ、夫はsissyであり、本当の男ではないという内容の事を自ら口にすることになります。この場面はもう屈辱感のピークで最高の萌えポイントです。う~ん、思い出すだけで変な気分に・・・

うんうん、やっぱり寝取られ系はおもしろい^^
というわけで、次回も寝取られ系をご紹介しようと思います。
もし、こんなお話もあるぞ~という方いましたら、ご連絡いただければと。

ではでは・・・。


スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サテンドール

Author:サテンドール
=============================================
女性化小説なら国内・海外を問わず大好きです。

特に屈辱系・羞恥系・強制系・寝取られ系・立場逆転系・年齢退行系・SISSY系などなど・・・。

happy よりは、unhappy ending が好み。
(ちょっと、性格がゆがんでるのかも^^)

私事ですが、以前某サイトに 
「高野奈緒美」のペンネームで
『ある性転者の告白』という拙い小説を掲載させて頂いておりました。事情があって途中で掲載を止めましたが、その完結編も当ブログでご紹介できればと思っています。

それとランキングにも参加させていただきますので、
ポチッとクリックいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR