FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある性転者の告白 第20章-1

 控え室に戻り、倒れ込むように椅子に腰掛けてた私に涼子と結花が近づいてきました。
「よかったわよ。奈緒美ちゃん。ホントにすてきだったわ。グランプリになれなかったのは残念だけどね。」
「ええ、ホントね。でね、奈緒美ちゃん、お願いがあるんだけど・・・、今ね、プロダクションの人からね、話があるからって呼ばれたのよ。ちょっと、つきあってくれない?」
 涼子は口元に笑みを浮かべながら言いました。
 私はその笑みの下に新たな、そして邪悪な企みのにおいを感じ取っていましたが、もはや抵抗する気力さえ失せていましたので、二人に指示されるまま、純白の超マイクロビキニの上にセーラー服を着ると、二人の後に従って控え室をでました。
 控え室から出た廊下には、カメラを持った数人の若い男の子が待っていました。
 彼らは私に気づくと一斉に近づき、口元に卑猥な笑みを浮かべながら、シャッターを切り始めました。
 私は彼らのそんな行動を無視するかのように、導かれるまま廊下を急ぎ足で歩いていったのです。
『関係者控え室』という貼り紙の貼ってあるドアを開け、中に入ると黒い革張りのソファの中央に、一人の若い男が座っていました。
 男は入室してきた私たちを見ると、顔に笑みを浮かべながら、自分をプロダクションの人間で、名前を阪木だと自己紹介し、私たちに座るように勧めたのです。
 阪木の視線は、私に張り付いているようで、まさに上から下までなめ回すようなものでした。そしてその日のコンテストでの私の姿を、歯の浮くようなお世辞で誉め讃えると、たばこに火をつけながら、涼子に向かって言ったのです。
「じゃ、お嬢さんも、納得頂いたんですね?」
 涼子は、口元に笑みを浮かべながら小さく頷くと、
「ええ、娘も是非そうしたいって言ってるんです。ね?奈緒美ちゃん?」
 と私に向かって言ったのです。
 私は一体何のことか全くわからずに、黙って涼子の目を見つめましたが、その奥にある強制力の光に気圧されて、ただ小さく頷くより他に術がありませんでした。
「そうですか。よかった。それなら私も安心です。いやー、私もこんなことはあまり、公にできないもので、助かります。じゃ、準備ができたら、呼んでください。私は隣の部屋で待ってますから・・・。」
 阪木はそう言うと、吸いかけのたばこを灰皿に押しつけ部屋から出て行きました。
 涼子はその後を目で追って、阪木が部屋から出て行くのを確認すると、私の方に視線を向けて、怪訝そうな表情を浮かべている私に向かって言ったのです。
「あのね、奈緒美ちゃん。あの阪木って人ね、他のプロダクションの人に内緒でアルバイトしてるんだって・・・。こういうコンテストとか終わった後で、特別な会員を集めてプライベートの撮影会をしてるらしいの。でも、最近はその会員の人たちのお眼鏡にかなう子がいなくて、開いていなかったらしいのよ。でね、彼が言うには、今日は是非、開きたいっていうリクエストがたくさん来たんだって。奈緒美ちゃんをモデルにっていうリクエストが・・・。ね?いいでしょ?撮影だけなんだから、引き受けてあげても・・・。ね?」
 涼子の話しぶりは有無を言わさぬ強制力をもっていたことは言うまでもありません。もとより、私にはもはや抗う気持ちは少しも残っていませんでした。それに数百人もの観衆の前で、羞恥の極限を体験した後なのです。今更、撮影会くらい拒否することもないと思ったのです。それよりも、一分・一秒でも早く、この場を逃れ、屋敷に戻り田中との二人だけの時間を過ごしたいという思いの方がずっと強かったのです。
 私はその撮影会が済めば、屋敷に帰れるという約束を信じ、撮影会のモデルになることを承諾したのです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サテンドール

Author:サテンドール
=============================================
女性化小説なら国内・海外を問わず大好きです。

特に屈辱系・羞恥系・強制系・寝取られ系・立場逆転系・年齢退行系・SISSY系などなど・・・。

happy よりは、unhappy ending が好み。
(ちょっと、性格がゆがんでるのかも^^)

私事ですが、以前某サイトに 
「高野奈緒美」のペンネームで
『ある性転者の告白』という拙い小説を掲載させて頂いておりました。事情があって途中で掲載を止めましたが、その完結編も当ブログでご紹介できればと思っています。

それとランキングにも参加させていただきますので、
ポチッとクリックいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。